小 学 校 6 年 ~ 高 校 1 年 の 女 の 子 と保 護 者 の 方 へ 大 切 な お 知らせ

子宮けいがんの現状

子宮けいがんは、子宮のけい部という子宮の出口に近い部分にできるがんです。子宮けいがんは、若い世代の女性のがんの中で多くを占めるがんです。

日本では毎年、約1.1万人の女性がかかる病気で、さらに毎年、約2,800人の女性が亡くなっています。
患者さんは20歳代から増え始めて、30歳代までにがんの治療で子宮を失ってしまう(妊娠できなくなってしまう)人も、毎年、約1,200人います。
 

サーバリックスとガーダシルのどちらか選んでください。

ウイルスが2価(サーバリックス)と4価(ガーダシル)の違いです。

注:現在サーバリックスは追加接種しかできません。初回接種の方はガーダシルとなります。(品薄とのことで、大変申し訳ありません)

子宮けいがんをおこす高リスクのHPV(16・18)だけなのがサーバリックス、それに加え尖圭コンジローマの6・11も予防するのがガーダシルです。
となると、ガーダシルの方が優るように思えますが、サーバリックスの18型に対する 抗体価はガーダシルより数倍高く、長期間持続します。また、 クロスプロテクション効果(16型、18型以外の型でも、類似型にはそれなりに免疫が機能する働き)もサーバリックスの方が高いとされています。
すなわち、サーバリックスは2価ワクチンですが、クロスプロテクション効果により、16型、18型だけでなく、31型、33型、45型、58型の子宮頸がんにも効果を及ぼすということです。そうなると、サーバリックスの方が子宮頚がんに対しては、より守備範囲が広いということになります。

サーバリックスは最長9.4年間(2014年10月)、ガーダシルは14年間(2020年)の抗体持続期間が報告されていますが、両ワクチンともに、今後予防効果が低下すれば、再接種の必要もあると言っています。
 

子宮頸がんとHPVワクチンに関するQ&A

一緒に考えよう HPVワクチン、ためらう理由と勧める理由

2013年から定期接種となり、原則として小学校6年から高校1年生相当の女子は、無料で接種できます。
しかし、2020年4月現在、「積極的な勧奨接種」の中止により、 HPVワクチンの接種率は極めて低い状況です。

参照:NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会 

 

接種までにやることリスト

公費(ただ)で接種するには、ちょっとすることがあります。

1:子宮頸がんワクチンについての説明をよく読んで、接種するかどうかを決める。
2:どのワクチン(サーバリックスかガーダシルか)にするか決める。
3:ワクチンを接種するクリニックをさがす。(当院でどちらも接種できます)
4:市役所(子育て支援課)に問診票を取りにいく。


自費での接種は1回15000円です。
(3回接種する必要があるので、合計45000円です)
 


9価HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)って何?

先進国で普通に行われているHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)

日本で従来認可されているサーバリックスとガーダシルは、それぞれ2価、4価です。サーバリックスは16型と18型、ガーダシルは16型と18型に加え、6型と11型(尖圭コンジローマの原因)に予防効果があります。

ガーダシル9/シルガード9はガーダシルに加え 31、33、45、52、58型、合計9価に対応しています。これによって、より広いハイリスク群にも対応できます。従来のガーダシルでは65%のカバー率にとどまっていましたが、ガーダシル9/シルガード9はHPV型で子宮頸がんの原因の約90%をカバーできることになります。

現在 日本では自費でしか接種できません。(2021年4月)